少しマニアックな軽トラの話

私は、少しマニアックな軽トラのお話をしたいと思います。

軽トラというと、ハイゼットやキャリーが有名ですが、私がここで紹介したいのはサンバーとアクティーです。ともに生産は終了しているのですが、特にカスタムベース車として人気があります。カスタムと言ってもデコトラではありません。走り屋です。

サンバーとアクティーの特徴は、その駆動方式(リアエンジン・リア駆動、通称:RR)にあります。RR車で有名なのはビートルやポルシェで、国産車では三菱のiやホンダのバモスがあります。と言っても、かなり希少な駆動方式で、その長所はトラクション(駆動力)であり「地面を蹴るような走り」と形容されます。一部のマニアの間では、F-1カーに最も近くて安いカスタムベースとも言われます。

そんなRRの軽トラの短所を挙げるとすれば、メンテナンスの難易度です。普通の軽トラは、座席の下にエンジンがあります。しかし、特にサンバーに言えることですが、RRの軽トラはリアバンパーがボンネット代わりになっていて、キーを使って開閉するのですが、車が古くなってくると、その開閉が滑らかでなくなったり、キーが折れたりすることです。
また、オイル交換(オイルフィルターの交換)の難易度も他の車種と較べると少し高くなります。

以上のような短所を踏まえても、サンバーとアクティーはひとつのカスタムベースのジャンルとしては面白いと思います。トヨタ、BMW、ベンツユーザーも、お試しあれ