簡単エクササイズでぎっくり腰を予防しよう

数年前から年に何回かのペースでぎっくり腰を繰り返すようになり、色々な人から話を聞いたり自分で調べてみたりした結果、ぎっくり腰の主な原因には腰背部の筋肉不足とバランスの悪さ、急な捻りの動作等がある事が分かりました。

そう言われてみれば日頃から運動不足の私には腰はもちろん、身体全体の筋肉が不足していましたし、腰背部を含めた身体全体のバランスである体幹も悪いという自覚がありました。

過去にぎっくり腰を引き起こした時を思い出しても、必ずしも重い物を持とうとした時ばかりではなく、むしろ軽い物をひょいと身体を捻って取ろうとした時に限ってグキッとなってしまったなという記憶があります。

ならばと腰背部の筋肉強化の為に始めたのが家庭用の腹筋マシーンを利用した腹筋と背筋、バランスアップの為には一日に30分程テレビを見る時にバランスボールを椅子代わりに使うようにしました。

柔軟性を高める為にはラジオ体操にあるような腕を左右に振りながら腰を捻るエクササイズをしました。
いずれのエクササイズも無理をする程やればそこから来る故障がありますので、まずは無理をしないという事が大切です。

身体を壊さないで結果を得る為には、もう少し出来るなという所で終わりにする事です。
この3つのエクササイズを2年以上続けてますが、この2年間は一度もぎっくり腰になってません。

特別な器具を使うとお金も場所も必要になりますが、興味のある方は試してみて下さい。
筋肉強化とバランスアップ、柔らかい柔軟性が解決への近道です。