360度全方向録画可能なドライブレコーダーの登場

万一の事故やタクシーなどの社内でのトラブル防止のために、ドライブレコーダーを搭載するドライバーが急増しています。ドライブレコーダーの主な目的は万一の事故が起こった時のために証拠を残すことですが、最近では停車中に車へのいたずらや盗難などの防止を目的でアウディ等では、カーセキュリティと同時に専門店で導入する人も増加しています。

主なドライブレコーダーは主に車の前方、もしくは後方だけしか録画できません。車のサイドに車が突っ込んできたり、いたずらされた場合には役に立たないことが多いです。そこで登場したのが、360度前方から後方、そして上方から下方の全方向を撮影可能にしたドライブレコーダーです。

ユピテルから販売され、その人気は急上昇中ということです。全方向の撮影が可能なら、ドライバーは安心して運転したり、ショッピングすることができます。価格は8万円くらいで通常のドライブレコーダーより高めですが、それで安心が買えるのなら取り付ける価値はあるかと思います。ドライブレコーダーの導入を考えておられる方は一度検討してみてはいかがでしょう。